様々な治療法

これまでの変遷についてご紹介します。

西洋医学が発達し現在のような医療体系ができてからずっと続いていたことです。 その状態に変化があったのが昭和50年頃で、西洋医療の中に、東洋医療である鍼灸の治療や整体院での治療を取り入れるようになったのです。 そしてさらに平成に入ると整体やマッサージなどが人の心に対してとても良い効果があることに注目が集まり、交通事故治療の中でも、マッサージや整体が取り入れられてきたという歴史があるのです。 現在ではリハビリステーションに加えて、精神的な疲れや心の傷等を癒やすため交通事故治療にマッサージなどが取り入れられているようになったのです。

これからの動向についてご紹介します。

これからの交通事故治療では西洋医学的な整形外科の治療による理学療法士のリハビリに加えて、こころも身体も癒し痛みを改善していく柔道整復師や鍼灸師、整体師、マッサージ師の治療に加えて、ある程度怪我が回復した場合はスポーツクラブでの体力づくりまで支援していくことが多くなる動向にあります。 交通事故治療では長い間入院などすると筋力体力がとても低下するのでそれを回復せせること、また高齢者などでは気持ちを落ち込ませず、体力を上昇させるきっかけにするのがスポーツクラブで行う運動の目的です。 今後の交通事故治療はこのように先のことも見越したトータルなものが多くなるでしょう。 また精神的なケアとして臨床心理士のカウンセリングも加わる動向があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加